感染制御部(インフェクション・コントロール・チーム:ICT)

栄養サポートチーム(NST)

褥瘡予防対策チーム

 

褥瘡対策チーム委員会とは

医師、看護師、栄養士、理学療法士といった多職種で構成されるチームであり、高いチームワークで褥瘡を減らすべく活動しております。活動目標としては、褥瘡発生予防対策の充実を図るために、各病棟スタッフが患者に対し適切な褥瘡予防対策・適切な褥瘡ケアを提供できるように支援し、褥瘡発生「ゼロ」と治癒率の向上を目指して活動しています。

<活動内容>

褥瘡回診 毎週金曜日の午後に褥瘡回診を行っています。入院患者さんの褥瘡の発生要因やケア対策について、皮膚・排泄ケア認定看護師を中心に各病棟スタッフと共に早期治癒・再発防止へ向けて、最善のケアが提供できるように関わっています。
褥瘡勉強会 毎月DESIGN-Rの演習検討会、6回/年 褥瘡についての勉強会を実施しています。
褥瘡発生件数、発生率の分析 各病棟からの褥瘡発生数、発生率を算出・分析しております。
褥瘡対策マニュアルの改訂 当院の職員全員が褥瘡予防、発生時の治療法、ケアの対策についての正しい知識と技術を身につけることができるよう褥瘡対策マニュアルを作成しております。

 

  

 

緩和ケアチーム

緩和ケアとは、

「重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、

より豊かな人生を送ることができるように支えていくケア」です

 

緩和ケアで行うこと

病気による症状や治療に伴う症状(痛み、息苦しさ、咳、からだのだるさ、吐き気など)を和らげます。

不安や落ち込みなどの精神的なつらさや社会的な問題に対するサポートを行います。

緩和ケアチームとは

"緩和ケアチーム"は、患者さんの様々な問題を解決するために、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士、ソーシャルワーカー、臨床心理士など多職種がチームとなって、主治医と共に、患者さんとご家族の対応に当たります。

大牟田病院では、2013年から活動を開始しています。

緩和ケアの対象

これまでがん患者さんを対象とすることが多かったですが、最近ではがん以外の病気をもつ患者さんに対しても緩和ケアが行われるようになってきました。

大牟田病院では、がん以外の呼吸器疾患や神経難病の患者さんに対する緩和ケアも行っています。

緩和ケアを始める時期

病気が見つかった時から様々なつらさが生じます。緩和ケアは病気の診断時から開始されます。

病気の治療(抗がん剤など)と並行して行うことができます。

緩和ケアを行うところ

外来・入院を問いません。身体や心のつらさ、心配事がある場合、まずは主治医や看護師にお声をおかけ下さい。


 

認知症ケアチーム

● 認知症ケアチームの取り組み

認知症による意思疎通困難や行動・心理症状が見られ、身体疾患の治療への影響が見込まれる患者様に対し、病棟の看護師等や専門知識を有した多職種が適切に対応することで、認知症症状の悪化を予防し、身体疾患の治療を円滑に受けられること、そして、早期退院ができるよう援助することなどを目的として取り組んでいます。病院全体で、認知症ケアの質の向上を図ることができるように活動しています。

 

認知症ケアチームメンバー

・神経内科医師(認知症専門医:2名)

・看護師(認知症看護認定看護師)

・精神保健福祉士

・心理療法士 等

*安心した病院での生活を患者様に送っていただけるよう、多職種で構成しています。

 

 

 *2011年より認知症ラウンドの活動を行っています。

認知症ケアチームで週に1回程度のカンファレンスを実施し、主治医、病棟職員、患者家族に対し助言等を行っています。身体疾患のために入院した認知症(疑い)のある患者様や入院患者で認知症のリスクがある患者様を早期に確認しています。病棟の看護師等や専門知識を有した多職種が連携し適切に対応しています。

 大牟田病院は、もの忘れ外来や福岡県認知症医療センターの指定(2011年)を受けています。認知症医療の中核病院として活動し、認知症の医療・介護・地域・行政などと連携してまいります。